JRA公式競馬データ配信サービス JRA-VAN Data Lab.

JRA-VAN DataLab.

競馬ソフト開発コーナー

JV-Dataの使い方あれこれ

記事リスト  |  新着記事  |  ワード検索  |  過去ログ
タイトルRe: JV-Dataのデータ取得について
投稿日: 2017/02/24(Fri) 15:28
投稿者JRA-VANソフトサポート
JRA-VANソフトサポートの吉本です。
DataLab.サービスをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

> ■取得したいデータ
> データ種別:RACE
> レコード種別ID:RA,SE
> 期間:2000年-2005年
>
> ■JVOpenの引数設定
> dataspec:"RACE"
> fromtime:20000101000000
> option:3
>
> 上記の引数だと、2005年以降も取得してきてしまうので、
> 時間が掛かります。2006年以降のデータを読み込まない
> ようにするには、RAとSEのデータの"開催年"を見て、
> 2006年より大きければ、データ読み込み終了してしまって
> 良いでしょうか?その場合、RAとSEのどちらかが2005年を
> 超えたら終了で、データの取りこぼしはないでしょうか?

上記ですが、JVSkipを使用することで不要なファイルを
読み込まないようにすることが可能です。

レコード種別がRAとSE以外のデータの場合、または、
2006年以降のデータの場合、JVSkipを使用して、
対象ファイルを読み飛ばすことができます。

JVSkipで不要なファイルのみ読み飛ばして頂ければ、
必要なデータは全て読み込まれますので、
データの取りこぼしは発生いたしません。

JVSkipの詳細につきましては、以下の仕様書をご参照ください。

http://jra-van.jp/dlb/sdv/sdk.html
JV-Linkインターフェース仕様書

また、「競馬ソフト開発体験教室」のLesson.5に
JVSkipの解説とサンプルプログラムが
記載されていますので、ご参照いただければと存じます。

http://jra-van.jp/dlb/sdv/trial.html
Lesson.5 コード変換を行う

以上、よろしくお願いいたします。
- 関連一覧ツリー(● をクリックするとツリー全体を一括表示します)
返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   文字モード 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
  プレビュー
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード
ウィンドウを閉じる