JRA公式競馬データ配信サービス JRA-VAN Data Lab.

JRA-VAN DataLab.

競馬ソフト開発コーナー

JV-Dataの使い方あれこれ

記事リスト  |  新着記事  |  ワード検索  |  過去ログ
タイトルRe: オプションを1にすると
投稿日: 2018/12/03(Mon) 18:16
投稿者JRA-VANソフトサポート
JRA-VANソフトサポート 吉岡です。
DataLab.サービスをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
回答が遅くなり申し訳ございません。

こちらでLesson.7のサンプルプログラムを使用して、
オプション1(通常データ)に設定した状態で、
データ種別ID:RACE(※)を対象に
一年間分のデータ取得処理を実施したところ、
特にエラーは発生しておりません。

>{"基になる RCW から分割された
>COM オブジェクトを使うことはできません。
>"}とのハンドルされていない例外のエラーが出ます。
⇒上記のエラーが出力されるとのことですが、
参照していた COM オブジェクトを解放、または
終了することでこのエラーが出力されることがあるようです。

 エラー発生位置(128行目のlReturnCode = Me.AxJVLink1.JVRe(strBuff,lBuffSize,strFileName))より
 必要なCOMオブジェクトは「AxJVLink1」になると思われますので、
 つきましては、「AxJVLink1」を処理途中で解放、
 または、終了していないか、
 今一度プログラムをご確認いただいてもよろしいでしょうか。

※データ種別ID についてはJV-Data仕様書をご確認いただければと思います。
■JV-Data仕様書
https://jra-van.jp/dlb/sdv/sdk.html

以上、よろしくお願いいたします。
- 関連一覧ツリー(● をクリックするとツリー全体を一括表示します)
返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   文字モード 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
  プレビュー
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード
ウィンドウを閉じる